/*Font Awesome利用*/

【自分で修理】KVK社のシャワーヘッドからの水漏れをカートリッジ交換で解消

2020年10月11日

5年ぐらい前から、2階の洗面のシャワーヘッドから水がポタポタしています。
よくも5年間直さず過ごしたものだと思うのですが、開けにくい扉や、掛けにくい鍵・・・修理や交換で快適になるんですが、クセをつかんで使い続けたりしませんか?
まあ、資金難が使い続けることの一番の理由なんですけど(;^ω^)
水がポタポタしたら洗面の下の扉を開いて元栓閉める←→水を使いたくなったら洗面の下の扉を開いて元栓を開ける
面倒臭くなってきました・・・というか本来の使い方ではないですね。
そのうち1階の洗面のシャワーヘッドも同じ症状となりました。
ここらが潮時か(;´・ω・)
今はインターネットで修理方法を調べたり、部品の購入が簡単にできます。
業者に頼むと結構高いと聞いていた水回りの修理に挑戦した記録ですが、やはり
やっちゃった(ノД`)・゜・。
て事が起きましたので、反面教師と思って見てもらえるとよろしいかと・・・

水漏れの原因

我が家の場合、上げ下げして水を出したり止めたりするレバーカートリッジの劣化が水漏れの原因でした。
だいぶ古い製品ですが、交換できるカートリッジがあるのか、メーカーのHPで確認してみます。

交換部品の型番の確認

家を建てた時の色々な書類の中に取扱説明書が残っていて、我が家の洗面にはKVK社のKF358(Z)TKという製品が使用されていました。

KVKのHPで確認すると販売終了商品となっていましたが、カートリッジは販売していて一安心(´▽`)
取扱説明書をPDFで確認すると、KF358(Z)・・・TKが付かないけど見た目そっくりなんで間違いないでしょう。
カートリッジはAmazonで安価に購入できました(´▽`)

修理用工具の準備

KVKのHPで修理に必要な工具を確認です。
本体の共回りを抑える専用工具「PG26」は必須です。

ただし、製品によっては使えなかったりするので、そこは要確認(・ω・)
あとは口径38mmとなる大きな水栓を回すためのレンチですが、安価なモーターレンチを購入する事にしました。
専用のレンチが売っていたのですが、使用頻度を考えたら結構な値段に感じましたので購入断念(;´Д`)
工具もAmazonで購入です。

部品・工具全て揃えて1万円程度。
あとは自分の労力だけで2台の洗面が直るのなら、激安です。
この気持ちが後に後悔を生むとも知らずに、時は過ぎて行くんです(・ω・)

作業開始

Amazonで注文したカートリッジ・工具が全て届き、専用工具の「PG26」付属の用紙を見ると、ナットはこんな感じで外れるようです。


ナット、でかいっすね(・ω・)

まずはキャップを開けて

ビスを外して、レバーハンドルを取り外します。簡単、簡単(´▽`)

台座をPG26で固定して、締付ナットにモーターレンチをかませて回します・・・が、幾度となくモーターレンチが外れて、びくともしません(@_@)

締付ナットの厚みに対してモーターレンチの厚みがありすぎです。
というか、締付ナット薄すぎ(;´Д`)
妻のマヨさんを呼んで2人がかりでで挑みましたが、締付ナットが少しずつ削れていくだけで、回りそうな気がしません。
このままでは・・・
ナットが丸くなって結局ALL交換(;´Д`)
これ以上の作業を断念して、ネットで情報を集めてみる事にしました(T_T)

修理情報の再収集

収集した情報を要約すると・・・

工具の柄を長くしてテコの力を強くする
専用の工具を使用する
ナットにお湯をかけて膨張させる

といった成功へのアドバイスのほか

男2人がかりでも無理
ナットが丸くなっちゃった
ナット破壊前提でパイプレンチ使用

といった、チャレンジ継続に躊躇する情報も多数見かけました。
結局、締付ナットがamazonで売っていることが分かりましたので、破壊上等でパイレンをかますことにしました。
パイレン=パイプレンチ(‘ω’)
情報収集中に得た知識です。

熱湯をかけた水栓に、柄に単管パイプをつけてテコの力を強くしたパイレンを直接かまし、相方には屈強な男を呼んで、
力いっぱい回しました(; ・`д・´)
(写真は再現です。実際はレバーハンドル外して挑戦しました)

結果、キズが付いただけで、びくともしませんでした。
心・・・折れたよ(ノД`)・゜・。
優しいマヨさんの励ましがあっても、折れた心の修復には1週間ほどかかり、その間にも水はポタポタしてました。

最後のチャレンジ

もう一度だけ初心に帰り、それでだめならプロに任せよう・・・(-ω-)
「本当に型番あってるの?」
マヨさんの言葉を素直に受け止め、KVKのHPで再度確認。
こちらに外し方が載ってました。

えっ?( ゚Д゚)
えっ?( ゚Д゚)
えっ?( ゚Д゚)
えっ?( ゚Д゚)
締付ナットって、上だけ?
パイレンかましてたのは、ナットじゃない部分?
KVKのHPの分解図でも確認しましたが、

やはり締付ナットは上だけのようです。
パイレンの無駄かませです(T_T)
頭によぎる「業者」と「全交換」と「無駄金」の文字。
自分の蒔いた種ですが、悔しいので最後の悪あがきで片口めがねレンチをamazonに注文です(; ・`д・´)

専用ではありませんが、挟むより力が入れやすいはず。
届くまでの間に、さらに情報を集めていると、

一度閉める方向に回すのも有効

というのがありましたので、コンボを組み替えて、再チャレンジです。
熱湯は掛けずに、若く屈強な我が息子を呼び、単管パイプは使用しないでめがねレンチをナットにはめて、一度閉める方向にグイッとした後、緩める方向へ
力いっぱい回しました(; ・`д・´)
力いっぱい回しました(; ・`д・´)

力いっぱい回しました(; ・`д・´)
力いっぱい回しました(; ・`д・´)
クイッと緩んだ気がしたのは気のせいではなく、喜びで抱きしめた息子に気持ち悪がられながら、焦る気持ちを抑えてナットを緩めていくと、無事外れたんです・・・が!

えっ?( ゚Д゚)
えっ?( ゚Д゚)
えっ?( ゚Д゚)
えっ?( ゚Д゚)
締付ナット、上だけじゃないじゃん(´゚д゚`)
パイレンかましたのは、ある意味間違いじゃないじゃん(; ・`д・´)
複雑な気持ちでしたが、その後の作業は順調に進みました。

ナットから古いパッキンを取り除き、カートリッジに付属してきた新しいいパッキンをはめます。

カートリッジのレバーに「前」と書いてあるほうを前にして、あとは今までの作業を順番に戻していけば完了です。
紆余曲折がありましたが、水漏れは収まり、業者に頼むよりも安く仕上がりました。
パイレンのキズはそのままですが(;´Д`)
モーターレンチが無駄になった感がありますが、じつはその後に活躍する場を得るんです。
それはまたの機会に・・・

それでは(‘ω’)ノ