/*Font Awesome利用*/

【悪臭退散】もっとG-SHOCKのウレタンベルトの臭いを消したい

2020年5月6日

湿度が高くなり洗濯物が乾きにくい季節が近づいてきました。
部屋干しとなる我が家では、ちょっと気を抜くとと生乾き臭のTシャツを量産する羽目になります。
そんな部屋干し作業中に、どこからともなく生乾きの臭いが(・´з`・)
さすがに洗ったばかりの濡れている洗濯物からはしないと思い、おもむろに腕時計に鼻を近づけると・・・
くっさ( ゚Д゚)
腕にはめたG-SHOCK

以前(詳しくはこちら)クリーニングしたG-SHOCKのベルトが原因でした。
とりあえず腕時計を外してみましたが・・・
くさくっさ( ゚Д゚)
腕にはめた数珠

ベルトほどではありませんが、一緒にしている数珠まで臭ってます(T_T)
武論尊先生・原哲夫先生もおっしゃっていました。
汚物は消毒(´▽`)
です。
世紀末的名作「北斗の拳」より

そもそもの臭いの原因

臭いの主な原因・・・それは
自分自身が生み出す成分、汗(;´・ω・)
です。
汗そのものはほぼ無臭なのですが、それを栄養素とする菌が繁殖して、おなじみの悪臭となるようです。

菌が増殖する前に汗を綺麗に拭き取るのが有効なんですが、日々のこまめな手入れを怠った結果、
もはや手遅れ(;´Д`)
石鹸での水洗い程度ではどうにもならないんです。

本気の消毒液で洗浄

ガーゼと消毒液予算を安く済ませるために、ダイソーのエタノール入り除光液で行ったクリーニング(詳しくはこちら)を、消毒用エタノールとガーゼを使用してリベンジ開始です。
ガーゼに消毒液を含ませるガーゼにたっぷり消毒用エタノールを含ませます。鼻を近づけなければ意外にツ~ンとした匂いはしないです。

G-SHOCKのウレタンベルトをガーゼで消毒ベルトの中から菌を押し出すイメージで力いっぱいこすります。一緒に指も消毒されて衛生的です。

G-SHOCKの金属部分をガーゼで消毒ベルトだけじゃなく、金属部分も念入りに消毒です。
ガーゼに付いたG-SHOCKのウレタンベルトの汚れ消毒前に水洗いしていたのですが、ガーゼに汚れがつきました。
G-SHOCKのウレタンベルト消毒用に金属棒を用意綿棒は力が入らないので、先のとがっていない金属の棒を用意します。私が用意したのはマドラーです(;^ω^)
金属棒でG-SHOCKのウレタンベルトを消毒ベルトのくぼんだ部分にガーゼをかぶせて上から消毒用エタノールをたらし、マドラーでグイグイこすります。
G-SHOCKのウレタンベルトのつなぎ目を開くベルトのつなぎ目をぐいっと開き・・・
G-SHOCKのウレタンベルトのつなぎ目を消毒消毒用エタノールをぶっかけて、ガーゼでこすります。
数珠を消毒ついでに数珠も消毒です。
消毒後のG-SHOCKのウレタンベルトを水洗い除光液と違って肌触りサラサラですが、一応水洗いします。
水洗いしたG-SHOCKのウレタンベルトの拭き取りよーく水気を拭き取ります。ガーゼ便利です(*´ω`*)
汚れたテーブルを拭き取る消毒液でテーブルが変色した場合は、後始末を忘れずに!水ぶきでごまかします(・ω・)
G-SHOCKを乾かす乾かして終了です。磨くのクセになりそうです(*´ω`*)

毎日の手入れを忘れずに!

チャレンジの結果、時計に鼻をくっつけない限り臭いは気にならない状態となりました。
リベンジ成功(*´з`)
です。
ただし、汗をかいたまま放っておくと臭いはすぐに戻ってきますので、

  • 汗を洗い流す
  • 消毒液で拭く
  • よ~く乾かす

これを守って日々のお手入れをしていきたいと思います。
身に付けるものでいつまでも臭くならないものはないですからね~
それでは(‘ω’)ノ

腕時計だけじゃなくて洗濯物の生乾き臭も気になったら、この記事読んでみてください。